その他の疾患

腹水

腹水とはお腹に溜まった水のことです。



腹水とはお腹に溜まった水のことです。大量に溜まると腹囲膨満となります。

元気や食欲がなくなったり、下痢や嘔吐などの消化器症状が出ることもあります。あまりに大量に溜まると、横隔膜が広がりづらくなり、呼吸が苦しくなることもあります。

右心不全(肺高血圧症、心筋症、フィラリア症など)で生じますが、他にも腹水貯留の原因として、低タンパク血症、内分泌疾患、肝疾患、重度の胃腸炎や膵炎、腹腔内腫瘤からの出血などの場合もあるため、原因の鑑別が重要です。

腹腔穿刺(お腹に針を刺す)で抜くことができますが、原因が重症であったり治療への反応性が乏しい場合、再び溜まってくることも多く、その後の治療や予後に関しては原因によってさまざまです。